Ustreamビジネス活用事例研究:ソフトバンク新商品発表会

Ustreamはビジネスにどのように活用できるのか。パンダスタジオではUstreamのビジネス活用事例を研究し、スタジオの運営に活かしていきたいと考えています。Ustreamといえば、なんと言っても、ソフトバンクの製品発表会が有名ですよね。

ということで、もっとも直近、11月4日に行われた製品発表会を検討してみましょう。

番組タイトル

『SoftBank 新商品発表会 2010 Winter – 2011 Spring』
分かりやすいですね。やはりタイトは奇をてらわずというお手本だと思います。

視聴者数

ソフトバンクの製品発表会が行われたUstreamのチャンネル http://www.ustream.tv/channel/SoftBank-Jpn?lang=ja_JP によれば

合計視聴数:186,678

でした。

すごい数ですね。普通、WEBサイトでアクセスを集めるだけでも、これだけの数になると大変です。さらに、そこからYOUTUBEなどの動画を埋め込んでおいてクリックしてもらおうと思うと、ほんの数パーセントしかクリックされないものです。ですから、動画で、ライブ配信で、インタラクティブな視聴者を獲得するというのは、何十倍もの価値が高いことと思われます。

放送開始時刻

放送開始時刻:13時

これは、なぜお昼の時間帯になったのでしょうか。夕方、夜など、ほかの時間帯という選択肢もあったと思いますが、きっとマーケティングデータに基づいたものなのでしょう。自分で配信する番組のターゲット層に合わせた時間帯のチョイスは重要ですね。

演出

ライティングやスモークなど、豪華で一般人はマネできない感じです(笑)。自分の製品をいかによく見せるかは考えなければならないポイントですね。音楽も、シーンに応じて切り替わっていました。周到に準備されています。

プレゼン

孫さんのプレゼンはやはり人をひきつけるものがあります。特に印象に残ったのは、「Android2.1とAndroid2.2の違いは0.1ではない」というコメント。Ustreamやニコニコ動画が見られるかどうかの違いについて説明した箇所です。

Android2.1の端末に対して、差別化を強調しており、個人的にはここで思わず欲しくなってしまいました。スライドも、データの活用、色使い、アニメーションなど相当に凝ったものでした。また、3D写真撮影の実演や、『ガラパゴス』の意義を語るなど、人をひきつけるポイントが盛り込まれていました。

登場人物

孫正義さん、上戸彩さん、松田翔太さんなど、ヒキのある人が出演するのはやはり強いですね。

質疑応答

その場で会場の方(プレス)からの質問に孫さん自らが答えていました。この受け答えを、企業のビジョンを織り交ぜつつ、きちっと語るのはなかなかに難しいことだと思います。番組内で質疑応答することで、視聴者の方の満足度もきっと高まるはずですね。

パンダスタジオで番組を放送して頂く方に、よりよい放送をして頂くため、これからも事例研究をアップしていきますのでよろしくお願い致します。

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES Ustream, パンダスタジオby.yasu.tanaka3 Comments2010.11.17
TAGS  
記事の投稿者
田中 康英

eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。