デジタルサイネージ(Digital Signage・電子看板)用にPPT2Mobileを

▲デジタルサイネージ(電子看板)は、これからの成長産業

▲デジタルサイネージ(電子看板)は、これからの成長産業

最近、デジタルサイネージ(Digital Signage・電子看板)用に、PPT2Mobileを利用したいというお問い合せや、デジタルサイネージ本体に、バンドルして販売したいというお問い合せが増えています。

PPT2Mobileは、パワーポイントで作成したアニメーションや音声を、指定した様々なビデオフォーマットに一発変換してくれるツールです。デジタルサイネージ用のコンテンツを、PowerPointで作成し、PPT2Mobileでビデオフォーマットに変換されて利用されているようです。

PPT2Mobileは、16,800円とツールとしては、安いと評価をいただくことが多いですが、PPT2Mobileでは、デジタルサイネージで利用しない機能や、対応しないビデオフォーマットが含まれているため、機能を削ったバージョンをつくって、値段を抑えてバンドルできないか、という相談を受けることが増えてきました。

私たちは、1人でも多くの人に利用していただきたいと思っていますので、eラーニング以外の用途であっても、製品の仕様を変える必要があっても、積極的に取り組んでいきたいと思っていますので、お問い合せいただければ、誠実に対応いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
株式会社パンダスタジオ
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル2F
電話:03-5812-0666
FAX:03-5812-9669
E-Mail:pandastudio@kiban.jp
http://pandastudio.tv
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES コンテンツの作り方by.m.nishimura2 Comments2009.10.08
記事の投稿者
西村 正宏
兵庫県出身。東京都在住。eラーニング専門キバンインターナショナル( http://kiban.jp) 代表取締役社長。 iPhone、iPad、kindleを愛す。2つの大学院で、情報工学と経営学の修士号取得。趣味も仕事もeラーニング。 Ustream中継の有料課金サービスを世界で唯一提供。USTREAM用スタジオ(http://www.facebook.com/pandastudio.tv)を運営。 英語がなぜか関西弁訛りになって困っている。 iPad関連の書籍を執筆が終わり出版待ち(ソフトバンククリエイティブ)。Ustream本を2冊出版予定。 USTREAM用のスタジオ(http://pandastudio.tv/)を作り、2010年中は無料で提供していますので、興味のある方は、是非ご利用ください。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ