タグ別アーカイブ: オゾンホール
気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

本日は、てんコロ。気象予報士講座 第11章 中層大気の運動からオゾンホールについてです。
確認してみてください。
∴‥∵‥∴‥∵てんコロ。気象予報士講座より‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

最後に オゾン層の破壊について説明しておきます。

かつて、クーラーや冷蔵庫の冷媒や、
スプレーなどに使われていたフロンという気体を知っていますか?
フロンは非常に安定した気体で、なかなか壊れず上部成層圏まで運ばれます

そこでやっと強い太陽紫外線にさらされて塩素原子が離れ、これがオゾンを破壊する触媒になってしまします。
しかも、酸素原子はすぐ一酸化塩素とくっついてしまい、結局は元の塩素原子に戻り、
また次のオゾンと結合してオゾンを次々と破壊していきます

これが、オゾンが急速に破壊されるサイクルです。

この急速なサイクルで形成されたのが、オゾンホールです。言葉は聞いたことがあるかと思いますが、
これは 南極上空の成層圏でオゾン濃度が円形に極端に低くなる現象です。

冬の南極上空の成層圏は、放射冷却の影響で著しく低温になり、
しかも極渦が形成されているため中緯度の暖かい空気と混ざりにくい状態になっています。
この時、下部成層圏でー78℃以下になると「極成層圏雲」という雲が発生することがあります。
この高度でできる雲はさすがに全て氷晶です。
その氷晶の表面で、先ほど述べた塩素化合物から多量の塩素ガスが生成されるという化学反応が生じます
(この化学反応は氷面上でかなり進む)。

こうして出てくる塩素ガス自体は、オゾンを破壊することはありません。
ところが、春になって太陽放射が届くようになると、
紫外線によって一気に塩素原子が離れて急速にオゾン層を破壊します。フロンの放出によって塩素濃度が上昇したことにより、
オゾンホールが出現するようになったのです。

ちなみに、北極の上空で現れないのは、南極上空と比べると北極の極渦が蛇行しており、
平均気温も北極の上空の方が南極よりも高くなっています。
このため極成層圏雲が形成されず、ここまで大規模なオゾンホールは形成されないのです。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

いかがでしたでしょうか。
eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」は、
・天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
・先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
まず、ご登録していただき、無料講座をご覧ください。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O