参加者アンケート4【握手で状況を制することが出来る】第20回キバン女子勉強会~スタイルオブプレゼンス「動作」~握手

第20回女子勉強会 スタイルオブプレゼンス‐握手

第20回女子勉強会 スタイルオブプレゼンス‐握手

(女子会の様子。駒込キャンパスの「シアタールーム」にて)

こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。

8/17(月)に、第20回女子勉強会 が開催されました。
女子勉強会とは、ランチをしながらみんなで、女子向けのeラーニング講座を見る会です。

今回は記念すべき20回目!出来たてほやほやの、「シアタールーム」でeラーニングを鑑賞しました。
さて、今回のテーマは「握手」 
グローバル社会をスマートに生き抜く スタイルオブプレゼンス〜人前で喋る職業の人のための声と動きと表情のレッスン〜」講座です。

日本では、あまりなじみのない「握手」ですが、
 握手とはどのような効果があるのか印象の良い握手とはどのようなものなのかを学びます。

今回参加者の感想を、ご紹介します。
—————————————————————————————
握手で状況を制することが出来ると知っていましたか。
→知ってた。

手の内側を見せて触らせるという握手の行為は、敵意がなく相手に友情を感じていると表現していると知っていましたか。
→知ってた。

・握手の時の表情は、どんな表情を先に見せればこちらに「余裕」を表現することが出来ますか。
→笑顔。

・次回女子会で取り上げてほしいテーマを教えてください。
「夫婦間の上手なコミュニケーション、家事の効率化
」の講座

・eラーニングにこんな講座があったら受けたいと思う講座を教えてください。
→同上

・女子会ファシリテータのバトンを握ってみたい方、ぜひ内容と何を皆に伝えたいかを教えてください。
→やりたいですがテーマが決まらないのでまた今度にさせて下さい

・こんな女子勉強会をしたいという案があれば、教えてください。
税の知識

・今日は女子勉強会にご参加いただき、誠にありがとうございました。
ぜひ率直なご感想を教えてください。
→とても有意義な時間でした♪ありがとうございます。

—————————————————————————————

【スタイルオブプレゼンス サンプル講座】

窮地に陥っている時の乗り越え方

猫背を直す

握手

ご購入手続きの流れ

下記の購入ボタンをクリック後、支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

スタイルオブプレゼンス 365日間 15,000円(税込)(全てのChapterをご覧頂けます)
【今すぐ購入する】

Chapter別

姿勢 365日間 3,000円(税込)
【今すぐ購入する】

腕 365日間 3,000円(税込)
【今すぐ購入する】

歩く 365日間 2,500円(税込)
【今すぐ購入する】

表情 365日間 2,000円(税込)
【今すぐ購入する】

呼吸 365日間 2,500円(税込)
【今すぐ購入する】

発声 365日間 2,500円(税込)
【今すぐ購入する】

発語 365日間 2,500円(税込)
【今すぐ購入する】

動作 365日間 3,000円(税込)
【今すぐ購入する】

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ