PMP試験対策はこちら。更に、35時間PM教育受講証明を取得できます。

ご存知ですか?
PMP試験の受験資格は、以下の2点が必要です。

1)4,500時間のPM活動実績証明(企業が証明)
2)35時間のPM教育受講証明(学校、企業、eラーニング、教育機関、など)

PMI日本支部代表組合員の小谷野正博先生による、
PMP受験のための35時間PM講座(第5版対応)」では、デファクトスタンダードのプロジェクトマネジメントが体系的に学ぶことが出来、PMP試験対策になります。

更に、35時間PM教育受講証明を取得できます。

無料体験こちら

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.Kinugasa Noriko0 Comments2015.03.28
記事の投稿者
衣笠 徳子

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ